目の疲れに効果的な蒸しタオルの作り方

Pocket

目の疲れに効果的な蒸しタオルの作り方

「パソコンやスマホで目がショボショボする」

私たち現代人にとってほとんどの方が持っている悩みだと思います

この記事を最後まで読めば、目の疲れを効果的にとるだけでなく

近眼、老眼どちらも改善できる方法を知ることができます!!

 

・そもそも、なぜ視力は悪くなるのか

一般に近視の人は、スマホやパソコン、読書などの「近くを見る生活習慣」などにより毛様体筋(ピントを合わせる筋肉)が過度に緊張しています。

レンズである水晶体は、毛様体筋が緊張すると、厚くなって近くにピントが合い、毛様体筋がゆるむと薄くなって、遠くにピントが合う仕組みです。

このピントを合わせてくれる「毛様体筋」が上手く働かないため

見たものがぼやけてしまうのです。

・眼科でも行われている近視改善方法とは!?

近視の改善方法として、眼科でも行われている

「老眼鏡」を使った方法があるのをご存知ですか?

「えっ!?本当に老眼鏡で近視がよくなるの!?」

と思われる方も多いと思いますが、実際に眼科で取り入れられている視力改善方法なのです。

 

では、実際にどうすればいいのか、紹介いたします!!

やり方はとっても簡単で、老眼鏡をかけて、1〜3mの距離を、1日5分ほど見るだけです。

しかもなんと簡単だけでなく、費用もたったの100円で済んじゃうんです!

使用する老眼鏡は・・・・「100円ショップにある老眼鏡」(100円メガネ)で十分です。

100円メガネは、老眼鏡の度数でいうと、中程度の「+2度」で良いんです

 

近視の人は遠くを見るとよい、というのは聞いたことがあると思います。

ただ、日常生活の中で、遠くを見ようと思っても、そんな遠くを見渡せる環境にいる方は

ほとんどいないと思います。

もし、遠くを見られる環境でも、実際には、同時に近くの物も視野に入ってしまうので
目の毛様体筋を完全に休ませてあげるのは難しいのです。

そこで活躍するのが、老眼鏡です。
老眼鏡は、老眼の人専用のものなので、近視の人がかけても、視界がボヤッとします。
このとき目の毛様体筋は、遠くを見る以上に緊張がほぐれて、リラックスした状態になっています。これを続けることにより、毛様体筋が本来の力を取り戻し、視力が向上していくのです。

大人、子どもともに、近視は、目の奥行きが長くなること(真性近視)と、毛様体筋の緊張(仮性近視)という二つの原因から起こっています。
近くを見ることが多い人ほど、後者の占める割合が多くなり、現代人のほとんどは、そういうケースです。

仮性近視の検査に、わざと視界をぼやけさせ、どこへもピントが合わないようにして視力を測る「雲霧法(うんむほう)」というものがあります。
これは検査法ですが、視力の回復促進にも役立つことが知られており、雲霧法を使って目のトレーニングを行っている眼科も少なくありません。

老眼鏡があれば、その「雲霧法」を自宅で行うことができるんです

しかも1日5分で良いなんて、お手軽ですよね、効果も実証されているのでぜひ試してみてください

 

・血行を良くする「蒸しタオル」の作り方

目の疲れに、目を温めるというのが効果的なのですが

散髪屋で顔を剃ってもらう前にしてもらう「蒸しタオル」

あれ、すごく気持ち良いですよね!

あの、「蒸しタオル」で目を温め、血行を促進し、疲れを取るだけでなく

視力改善にも効果が期待できるので、そのやり方を紹介します!

 

1、フェイスタオルを濡らして、軽く絞る

2、電子レンジに入れ、1~2分温める(温めすぎによるやけどに注意)

3、あおむけになって目を閉じ、目の上に乗せる

タオルが冷えてきたら再度温め、合計10分ほど、目の周りを温める

たったこれだけです、非常に簡単なので、こちらも合わせて試してください

目の温熱療法は、眼の疲労やドライアイの改善にも効果的です。
温熱刺激によって副交感神経が優位になると、目の周囲もリラックスします。そのため、毛様体筋の血の巡りが良くなり、緊張して、こり固まった毛様体筋が働きやすくなったりします。すると、近くが見えやすなったり、目の疲労感が取れたりするのです。
また、蒸しタオルなどで目を温めることで、まぶたの中にある脂腺(マイボーム腺)から脂が分泌されやすくなります。この脂分が、眼球の表面で涙の上を覆うように膜を形成し、涙の蒸発を防ぐので、ドライアイが改善するわけです。

 

最近、メガネやコンタクトレンズの過矯正が原因で、目の疲れを訴える人が増えています。ひとことで言えば、「度が強すぎる」ということです。

過矯正は、強制的にピントを合わせた状態にしていることになります。なので、日常生活でよく見る近距離をはっきり見るためには必要以上の調節力を要することになり、目の負担が大きくなってしまいます。

蒸しタオルの温熱療法とともに、メガネやコンタクトの度数のチェックもしましょう。

 

まとめ

・100円ショップの老眼鏡を1日5分ほどかけると視力改善が期待できる

・目の疲れを取るために温熱療法である「蒸しタオル」を寝る前に行うと効果的

・メガネやコンタクトの度数がきつすぎると余計に目が疲れやすくなる

 

簡単にできることばかりですので、是非今日から取り入れてみてくださいね!

読んでいただきありがとうございました

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です