効果的なアウトプットの方法

Pocket

この記事にたどり着いたということは

「なんか最近アウトプットって言葉が流行ってるけど何なの・・・?」

「効率の良い学習方法として、ちゃんとしたアウトプットの方法を知りたい」

「実際にどうやってアウトプットするのか知りたい!」

などとアウトプットに関して興味を持たれている方がほとんどだと思います!

 

この記事を最後まで読めば、そこそこ高いアウトプットに関する書籍を買わずとも

資格の取得の勉強、語学学習、受験勉強、そして新しい仕事をいち早く覚えられる

アウトプット学習法をバッチリ覚えて、記憶力の速度を加速度的にアップすることができちゃいます!

 

目次

・そもそもアウトプットって何?

・どうしてアウトプットすると忘れにくいのか?

・アウトプットするしかない!アウトプットのメリットの数々!

・具体的なアウトプットの方法、実践方法

 

 

・そもそもアウトプットとは何か?

アウトプットとは、インプットと真逆の意味で

インプットは脳の中に情報を「入れる」、つまり脳に情報を「入力する」事です

アウトプットとは、脳の中に入ってきた情報を

具体的にいうと、

読んだり、聞いたりすることが「インプット」で

話したり、書いたり、行動することが「アウトプット」です

 

 

脳は本を読んだり、話を聞いたりしてもしばらく時間が経つと自然に忘れてしまいますが

その聞いたり、読んだりした内容、教訓などを、誰かに「話したり」

ノートに書いたり、ブログなどに書き出したりすることで忘れにくく、「記憶に残りやすくすることが

できる」のです。

 

どうしてアウトプットすると忘れにくくなるのか

その秘密は「運動性記憶」にあります

インプットは「読む」「聞く」に対して

アウトプットは「話す」「書く」「行動する」という、「運動」であるということです

 

アウトプットするとき、運動神経を使って筋肉を動かして書いたり

口を動かして話したり、様々な筋肉を使って「行動」しています

記憶の中でも、「書く」「話す」といった運動神経を使って覚えた記憶は

「運動性記憶」と呼ばれ、「運動性記憶」の特徴として

一度覚えてしまえばその後ほとんど忘れることは無いというとんでもなく素晴らしいシロモノなんです

 

何年かぶりに自転車に乗ったりしても、乗り方を忘れていることは無いですよね・・・

筋肉や筋を動かすことで、その運動は小脳→海馬→大脳連合野に蓄積されます

 

この時に小脳を経由するので、多くの神経細胞が働き、記憶に残りやすい仕組みになっているそうです。

 

普通に教科書や本を読んで覚える「暗記」は「意味記憶」と呼ばれ

覚えにくいうえに忘れやすいのが特徴です

 

それに対し、「書いたり」「声に出したり」して覚えるようにするだけで

「運動性記憶」として記憶することができ、忘れにくくより記憶に残りやすくすることができるのです

 

記事を読んでいただいている全ての方もやったであろう

何度も書いて覚えた「漢字」や何度も繰り返し口に出して覚えた「掛け算の九九」なんかは

今でも、いちいち考えなくても、手や口が勝手に動いてしまうと思います

 

この「体が覚えている」という感覚、状態が「運動性記憶」なんです。

 

※そして、2週間に3回使った(アウトプットした)情報は長期記憶されるので覚えておいてくださいね!

 

アウトプットするしかない、メリットの数々!

アウトプットすることで人生が楽しく豊かなものに変わっていく理由とは

1、記憶に残る

人はインプットされただけの情報は忘れてしまいます

本を読んだだけ、映画を見ただけ、講演会で聞いただけ・・・・・

そんな勿体ないことをせず、すぐさま「人に話したり」「ブログに書いたり」「効果的なダイエットを試したり」

行動に移しましょう!

アウトプットをすることで脳はそれを「使われた情報」「重要な情報」と判断するので、記憶に残ります!!

 

2、行動が変わります!

繰り返しになりますが、アウトプットとは「話す」「書く」「行動する」です。

アウトプットは全て、「運動」であり、「行動」なので

アウトプットした後に、見直し、改善、方向の修正などと言ったフィードバックすることで

あなたの行動がよりいい方向へレベルアップしていきます

3、現実が変わる

アウトプットで忘れにくく、記憶力もアップすることで

仕事をより効率的に進められるようになったり、人間関係が円滑になったり

現実世界がポジティブな方向に動き始めます!

4、自己成長する

インプット、アウトプット、フィードバックのサイクルを繰り返すことで

自己成長の階段をどんどん登っていけるようになり

このブログのタイトル通り、無限にレベルアップして「人生」というゲーム攻略にも

強力に作用します!

5、アウトプットが楽しくなる!

早く覚えられて、しかも忘れにくくなるなんていう無敵の方法を覚えてしまえば

もうアウトプットが楽しくてたまらなくなるはずです!

アウトプットで覚えた役に立つ知識を人に伝えて、感謝されれば

人にも信頼され、モチベーションもガンガン上がります

 

5、圧倒的な結果を残せる

圧倒的なインプット、アウトプットをすることで

新しい資格を取ったり、受験勉強を効率よくこなして志望校に合格したり

ブログの記事をたくさん書いたり、仕事もできるようになることで

あなたの人生は劇的に良い方向へ向かうこと間違いなしです!

 

・具体的なアウトプットの方法、実践方法

では、実際にどうやってアウトプットすればいいのか

いよいよ具体的な実践方法を紹介いたします。

 

大きく分けると、「話す」と「書く」のシンプルな2パターンなのですが

もう一つ、「教える」というのが最も自己成長に効果のあるアウトプット手段です

 

では、順番に説明いたします

 

1、話す

一番簡単に取り組むことができる

最近起きた体験を家族、友人、後輩に話すことから始めてみましょう

 

本を読んだり、映画を見たり、テレビ番組を見たり、美味しいグルメを食べた感想を

なんでもいいので「話す」こと

体験、感想を1週間のうちに、3回、人に話すことができればOKです

 

繰り返しますが、2週間に3回使った情報は、長期記憶されるので

脳内にある情報、自分の考え、思考や想いを言葉にして「感想を話すだけで」

脳は活性化して、記憶力は強くなり、記憶の定着もグンと良くなります

そして、余談になりますが、「感想を相手に伝えるときのコツ」は自分の意見、自分の気付きを

一つでいいので盛り込むことが非常に大切です

現在、SNSをされている方はたくさんいらっしゃると思いますが

「話題のお店に行きました」「有名なラーメン食べに行きました」という投稿に対して

その場所がどうであったのか、ラーメンは美味しかったのかどうか

肝心な感想が書かれていないことが多いんです・・(非常に勿体ないです)

 

何故勿体ないのかというと、自分がどう思い、感じたのか

それに「あなたの感想が加えられることで」

あなたの投稿、つぶやきに「話」に価値が生まれ、耳を傾けたくなるので

SNSでいいねを集めたい方は是非試してみてください(余談ですみません)

2、書く

書けば書くほどに脳が活性化していきます!!

学校でも、「書いて覚えましょう」と何度も言われてきましたよね?

では、何故書くことがそんなにいいのでしょうか?

脳幹網様体賦活系(RAS)が刺激されるからだそうです(なんか難しいですね)

RASというのは「注意の司令塔」と呼ばれ

大脳皮質全体に「目覚めて!注意して!細かいところまで見逃さないで!」

という信号が送られ

脳はその対象物(書いた文字に対し)集中力を高め、積極的に情報を

集め始めます。

それは、あなたの脳という巨大なグーグルの検索エンジンに

キーワードを入力して検索するようなものです。

簡単に言うと

文字を書くことによって、「コレは重要な情報だ、覚えてくれ脳みそさん」

という、脳への意思表示のようなもので

覚えるために「書く」ことは

脳が何かを記憶するために最適な方法だということです

3、教える

これが最強のアウトプット法と言われています

人が何かを学ぶときにどれだけ記憶に残りやすいのか、海外の実験で

「講義を受ける、人の話を聞く」

「読む」

「視聴覚教材」

「実験機材」

「グループ討論」

「体験学習」

「他人に教えた経験」

 

この他人に教える経験、「人に教えること」が最も記憶に残しやすい方法であるということが分かっています

ある実験で、あるグループには「後でテストを行うので、これを暗記してください」と言い

もう一つのグループには「テストが終わった後、他の人に教えてもらいますので、ちゃんと記憶しておいてください」

と言い

両方のグループに同じテストをさせたところ、「人に教えてもらいます」と伝えたグループの方が

高い得点をとったのです

 

人に教えるという前提が加わっただけで、記憶力がアップして学びの効率が上がったのです

 

人に何かを教える時、きちんと自分が理解できていなければ人に教えることはできません

つまり、自分の理解度と、不十分な点が「教えようと考えるだけで」見えてくるのです

 

 

人に教える、というのは自分で機会を作らなければなかなかチャンスは少ないと思いますが

人に何かを教えることができるのであれば、完全にアウトプットできている指標になると思います

 

最後に

勉強、資格の取得、試験の合格にも最強の勉強方法であるアウトプットですが

それ以外にも

自分が知っている好きなことをアウトプットして、ブログを書けば

自分の好きなことの魅力を多くの人に伝えることができますし

それについて人に説明するために、自分の知識をより広く深く掘り下げることもできます

 

まずは、人に体験、感想を話し、ブログ、SNSに投稿してみる

覚えたいことは、何度も何度も紙に書きまくる

2週間に3回は繰り返しアウトプットする、人に教える機会を作る

 

これだけやればもうあなたはアウトプットマスターです

是非ともアウトプットしまくりましょう!!!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です